Amazon

【2020年版】Amazonプライムの解約方法を画像付きで解説

悩む人
悩む人
Amazonプライムの解約の仕方がわからない。
注意点とかもあるのかな…。

本記事では、このような疑問を解決していきます。

この記事の内容
  • PCから解約する方法
  • アプリから解約する方法
  • 解約前に知っておくべきこと

※解約方法は全て画像付きで説明しています。

Amaoznプライムとは

Amaoznプライムとは

「Amazonプライム」とはAmazonが提供している有料サービスで、たくさんの特典を利用できます。

送料が無料、映画・アニメ見放題、200万曲以上が聴き放題といったさまざまな特典があります。

また、料金には「月額プラン」と「年間プラン」の2つがあります。

学生の場合は「Prime Student」というプランに入ることができ、半額で同じ特典が利用できます。

料金の概要を下の表にまとめてみました。

一般の会員

プラン月単位年単位無料期間
月額プラン500円6000円30日間
年間プラン408円4900円30日間

学生の会員(Prime Student)

プラン月単位年単位無料期間
学生月額プラン250円3000円6ヶ月
学生年間プラン204円2450円6ヶ月

上の表を見れば分かる通り、どのプランでも無料体験が利用できます。

しかし、解約手続きをしないと有料会員に切り替わるので、必ず「解約」の手順を踏まなければなりません。

関連記事:
【2020年版】Amazonプライムがお得すぎる!特典・解約方法など詳しく解説

学生はこちら:
【入らないと損】学生向け Prime Studentのお得すぎる特典を紹介

Amazonプライムの解約方法

Amazonプライムの解約方法をPCとスマホ(アプリ)の2パターンで説明していきます。

PCから解約をする方法

公式サイトにアクセスします。

>>公式サイトにアクセスする

 

Amazonプライムの解約方法「アカウント&リスト」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法①「会員情報を更新し、キャンセルする」をクリックし、

②「プライム無料体験と特典の利用を止める」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法真ん中にある、「特典と会員資格を終了する」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法「特典と会員資格を終了」をクリックします。

これで解約が完了です。

スマホ(アプリ)から解約する方法

公式サイトにアクセスします。

>>公式サイトにアクセスする

 

Amazonプライムの解約方法①右下の三をクリックし、②アカウントサービスをクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法「プライム会員情報の設定・変更」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法「プライム会員情報の管理」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法「プライム無料体験と特典の利用を止める」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法真ん中にある「特典と会員資格を終了」をクリックします。

 

Amazonプライムの解約方法「特典と会員資格を終了」をクリックします。

これで解約は完了です。

年間プランの場合

年間プランに登録している人は、解約の際に「2XXX/XX/XXに特典と会員資格を終了」と「今すぐ解約」の2つがあります。

「2XXX/XX/XXに特典と会員資格を終了」をクリックしても、次回の更新手続きまでサービスが利用できる。

「今すぐ解約する」をクリックするとサービスが利用できなくなり、残りのプライム会員の年会費が日割りで精算されて、残金が返金される。

ちなみに、返金先はAmazonに登録してあるクレジットカードです。

また、自動で返金手続きがされるので、特別な手続きは不要です。

Amazonプライムを解約する前に知っておくこと

Amazonプライムを解約する前に知っておくこと

次に、Amazonプライムを解約する前に知っておくことを紹介していきます。

ずばり、それは以下の3つです。

  • 無料体験がすぎると自動的に有料会員になる
  • 無料体験中に解約をしても特典が利用できる
  • Amazonプライム解約時の返金制度がある

では、1つずつ見ていきましょう。

無料体験の期間が過ぎると自動的に有料会員になる

冒頭にもお話ししましたが、「Amazonプライム」には無料体験があり、0円でサービスが利用できます。

しかし注意して欲しいのが、解約手続きをしないと自動的に有料会員に切り替わることです。

このことを知らないで無料体験を申し込んで、料金が発生したという事例も少なくありません。

そのため、カレンダーなどにメモをして必ず解約手続きを忘れないようにしましょう。

もちろん、そのままプライム会員を継続したい場合は何の手続きもしなくて大丈夫ですよ。

無料体験中に解約をしても特典が利用できる

カレンダーでメモをしても、忘れてしまうことがありますよね。

そこで嬉しいのが、この「無料体験中に解約をしても特典が利用できる」なんです。

無料期間に申し込んですぐに解約をしても、プライム会員のサービスが続けられます。

例えば、30日間の無料体験に申し込んですぐに解約しても、30日間はみっちりサービスが利用できるってことです。

解約をし忘れそうな人は、無料体験に申し込んですぐに解約をするのがオススメですよ。

Amazonプライム解約時の返金制度がある

Amazonプライムには返金制度があります。

かなり珍しいので分からない人がいると思います。

そこで、簡単に説明してみると

「Amazonプライム」の特典の使用量をAmazonシステムで自動で計算し、未使用分を返金してくれるといった制度です。

例えば、1ヶ月間全くAmazonプライムを利用していない人が解約手続きをすると、会費が全額返金されたりします。

返金先は、Amazonに登録してあるクレジットカードです。

このような制度があるおかげで「知らないうちに1年間プライム会員に入っていた」といった場合が起こっても、プライム特典を1度も利用していない場合は全額返金されるので安心ですね。

まとめ:解約方法はとても簡単

今回は、Amazonプライムの解約について説明してきました。

「Amazonプライム」はPCやアプリから解約することができ、簡単な作業でしたね。

また、ポイントとして以下のようなことを紹介しました。

  • 無料体験がすぎると自動的に有料会員になる
  • 無料体験中に解約をしても特典が利用できる
  • Amazonプライム解約時の返金制度がある

無料体験だけを利用したい人や、有料会員だけど解約を検討している人はぜひ参考にしてください!

>>【30日間無料】Amazonプライムの無料体験を申し込む

こちらもオススメ