Twitter学

Twitterの4種類のシャドウバンとは?原因は?【経験談あり】

きちんとTwitterを運用できていますか?
知らず知らずの間にBANされているなんてことはありませんか?

それがシャドウバン(ShadowBan)です。

 

私たちもついこないだ2日間シャドウバンになったばかりだよね…
れい
れい
かず
かず
めっちゃ焦ったよね!
全然知識なかったし…

 

シャドウバンには、様々なうわさや都市伝説があり情報が錯綜しています。

そこで今回はシャドウバンについて、実体験をもとに徹底解析していきたいと思います。

 

この記事を読んでわかること
  • シャドウバンとは何か
  • シャドウバンされる基準は何か
  • シャドウバンの4種類の症状
  • シャドウバンされているか調べるツール

 

それでは、見ていきましょう。

 

Twitterのバン(BAN)とは何か

バン(BAN)とは、英語で禁止という意味です。

Twitterでいうといわゆる凍結や、Webを開いてもログインできないという状況になります。

バン(BAN)をされるとフォローもツイートもタイムラインを見ることも不可能になります。   

 

明らかな規約違反があった場合は、問答無用で即バンされてしまいます。
これは緊急措置的な意味合いがあるので、警告がないのはやむを得ません。

ただしこのバンは本人もすぐわかるので、Twitterの運営に連絡して解除してもらうことが可能です。

一方、本人も気づかぬうちにBANされてしまう現象があるんです。

 

Twitterのシャドウバン(ShadowBan)とは

シャドウバンとはその名の通り、こっそりBANされてしまいます。

このバンの厄介なところは本人が気づきずらいということです。

  • フォロワーが伸びない
  • リプしても全然返ってこない
  • いいねが中々つかない

これらの変化から気づくしか方法はありません。

かず
かず
シャドウバンの存在を知らななくて、気づかずにTwitterを利用している人もいるかも。

 

 

Twitterのシャドウバンの調べ方

もしかして、シャドウバンになった?
と思ったら調べるツールが存在します。

 

それがこちらです。(クリックするとサイトに飛べます)

ここに自分の@から始まるTwitterのIDを入れるだけで調べることができます。

 

問題がない場合は

Twitterのシャドウバンの調べ方

このように表示されます。

 

実際シャドウバンになっている時は

Twitterのシャドウバンの調べ方

このように表示されます。

 

Twitterのシャドウバンの4種類の症状

シャドウバンには以下の4つの種類があります。

  1. Search Suggestion Ban
  2. Search ban
  3. Ghost ban
  4. Reply deboodting

 

それぞれの症状を解説していきます。

 

① Search Suggestion Ban

軽度のBAN

これは、ログインしてないユーザーがTwitterで検索を書けた時、表示優先度が落ちてしまうものです。

ただし、ログインしている場合はユーザーと関連性の高いものが優先的に上位支持されるため、影響は受けません。

 

② Search ban

重度のBAN

これは、文字通り検索結果から外されるBANです。また、ハッシュタグをつけてツイートしたとしても検索結果には表示されません。

 

③ Ghost ban

かなり重度のBAN

これは、リプ(返信)が他のユーザーから見えなくなることです。

正直、これが一番きつく、気づきやすいBANです。

本人はリプを返すことができますが、相手には通知がいかないと思ってくれれば分かりやすいと思います。

 

④ Reply deboosting

軽度のBAN

これは最近追加されたBANで、リプライをした際、相手側の表示に制限がかかるものです。

リプライをしてもこのような表示が出され、自分のリプライが見られなくなります。

画像

でもクリックをすれば見れる場合もあるので安心してくださいね。

リプを送る頻度が高い人にとっては痛いBANになります。

 

①~④のまとめ

シャドウバンには4種類あり、それぞれ症状が違います。

2つは検索に関するシャドウバンで、もう2つはリプに関するシャドウバンです。

シャドウバンの種類リプ検索レベル
Search Suggestion Ban×
Search ban×
Ghost ban×
Reply deboosting×

 

 

シャドウバンになる要因は?

シャドウバンになる要因は、私の経験上4つだと考えられます。

  • リプの送りすぎ
  • コピペの乱用
  • タグの使い過ぎ
  • 外部リンクへの誘導多用

どれを見ても、やりすぎはよくないということが分かりますね。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

リプの送りすぎ

Twitterは一定時間にできるいいねやリプ、RTなどの制限が決まっているそうです。

一定期間を過ぎると制限がかかりますが、その制限が繰り返しかけられるとbotと判断され、シャドウバンになる可能性があります。

ただし、相当な数のアクションを起こさない限り制限されないので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

コピペの乱用

コピーペーストはすごく便利なものですが、使いすぎるとシャドウバンを引き起こす要因になりかねません。

同じ内容を送るにしても少しずつ文を変えてみたり、様々な工夫が必要になってきます。

 

タグの使い過ぎ

タグは使えば使うほど関連した人に見られる頻度も上がるので、頻繁的に利用している人は多いと思います。

しかし、このタグも使いすぎるとシャドウバンの原因になってしまいます。

私達がシャドウバンになった原因は、このツイートにタグを使いすぎたことだと思います。
れい
れい

 

みなさんも、ほどほどにしてくださいね。

 

外部リンクへの誘導多用

みなさん、誘導した過ぎて外部リンクを使いすぎていませんか?

外部への誘導に使うリンクの多用も原因につながります。

外部リンクとは、ブログ誘導やLINE@に用いられる外部へ誘導するリンクのことです。

実際、私たちも1日に4回くらい同じリンクを使るけど大丈夫そう…
れい
れい
かず
かず
でも、基準が明確じゃないしほどほどがいいね!

 

同じURLではなく、毎日多方面からアプローチしてみるといいかもしれませんね。

 

Twitterがシャドウバンになったらどうすればいいの?

とりあえず、シャドウバンになっても焦らずサイトで確認してみてください。

シャドウバンを知らず、TwitterのバグやBANだと勘違いしてTwitterをやめてしまう方がいるようです。  

 

シャドウバンは特別悪いことをしてBANされるわけではないので安心してくださいね。

 

今度、私が実際にやったシャドウバンの解除法もご紹介します。

私たちがシャドウバンを食らった時もすごく孤独で、虚しい気持ちになりました。
でもそういう時こそ、他の物事を極めたり、新たなチャレンジをするいい機会になると思います。

BNAにならない程度にTwitterを楽しみましょう。

ブログ初心者がTwitterを活用してPV数を爆上げする方法初心者ブロガーがPV数を上げるためにTwitterで何をすればいいか徹底解析!Twitterを使う際のコツを6つに絞り詳しく画像を使って解説しています。このテクニックを使えばPV数上がること間違いなし!...

 

まとめ:Twitterの4種類のシャドウバン

 

シャドウバンとは

Twitterのアカウント自体がBANするのではなく、こっそりとリプや検索機能がBANするもの。

 

シャドウバンには4種類ありました。

Search Suggestion Ban  → 検索
Search ban        → 検索
Ghost ban                           → リプ
Reply deboodting            → リプ

そのうち2つが検索、もう2つがリプに関係するBANです。

 

シャドウバンになった気がしたら、ツールを使って何の種類か確認してくださいね。

 

かず
かず
Twitterはみんなと繋がれるとても便利で素敵ななツールだよね。
これからもみんなで楽しく安全に利用していきましょう!
れい
れい

 

こちらもオススメ