Blog

【2020年版】本当にブログはオワコンかどうかを私たちが簡単に説明します

悩む人
悩む人
・ブログを始めたいけどオワコンって聞くからなかなか始められない。
・ブログは本当にオワコンなの?

 

そのような悩みを持っていて、なかなかブログを始められない人がいるはずです。

 

そこで、本記事ではこのような悩みを解決していきたいと思います。

この記事でわかること
  • ブログがオワコンかどうか
  • ブログがオワコンと言われる理由
  • オワコンではないと思う理由
  • 自分のブログをオワコンにさせない方法

 

それではさっそく見ていきましょう!

 

ブログは本当にオワコンなの?

ブログは本当にオワコンなの?

「ブログはオワコンだ」と言う言葉、みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

結論から言うと、私たちはブログはオワコンだと思っていません。(仮にブログはオワコンだというのが本当だとしたら、私たちは最近になってブログを始めていません。)

 

では、ブログを実際の『店』と例えてみましょう。

自営業として「パン屋を始める」「ケーキ屋さんを始める」となったら「オワコンだから全然稼げないし人気でないよ」ってなりますか?

なりませんよね。

 

つまり、結論として以下のようなことになります。

✔️結論

昔から店を営業してるからといって必ず人気が出ているわけではなく、今から自営業を始めるからといって必ず人気が出ないわけではないんです。

 

ブログにも同じことが言えて、昔からブログで記事を書いているからといって必ず人気があり、稼げるわけではないんです。

 

つまり、今から始めても遅くはありません。

 

オワコンと言われる理由

オワコンと言われる理由

だったら「ブログがオワコン」という言葉はなんでこんな有名なんだよって思いますよね。

それは、ブログがオワコンと言われる要因があるからなんです。

 

では、考えられる要因を見ていきましょう。

昔からいるブロガーたちが検索上位を占めているから

まあこれは当たり前でしょう。

「ブログを始めて間もない人の経験と知識」と「5年ブログをやってきた人の経験と知識」とじゃ雲泥の差です。

ですから、有名ブロガーさんたちは検索で上位になれる方法など知っていて当然です。

 

動画が主流になってきているから

最近YouTubeが流行っていてきていますね。私たちも暇なときは4時間くらい見ています。

このように、最近では動画コンテンツが増えてきて、動画で情報収集している人が多くなってきており、需要が拡大しています。

一方、テキストで情報を集める人たちが減り、需要が減ってきているのは事実です。

 

ブログを継続できる人が少ないから

ブログをやめてしまう人は大勢います。

  • 半年間ブログを継続している人割合:50%以下
  • 1年間ブログを継続している人の割合:18%以下
  • 2年以上ブログを継続している人の割合:3〜5%

では、なぜこんなに多くの人がやめてしまうのでしょうか?

それは、ブログを始める多くの人が「ブログですぐに稼ぎたい」と思っているからです。

しかし、どんなにすごい記事や有益な情報を書いてもちゃんとした収入が入ってくるのは半年〜1年です。

半年まではほぼ0に等しい収入ですから、次第に心が折れて継続できなくなります。

お金を稼ぐという目的だけでなく、「思い出として残すため」「自分の持っている有益な情報を知ってもらいたい」といった考えを片隅にでも置いておきましょう。

また、ブログは最初の半年間は稼げないということを理解した上で始めるのも大切だと思います。

 

オワコンではないと思う理由

オワコンではないと思う理由

現在稼いでいる人がたくさんいるから

冒頭に話したことと重複しますが、ブロガーとして稼いでいる人がたくさんいます。

月収5桁の人もたくさんいますし、中には7桁や8桁稼いでいる人がいます。
最近見つけたのですが、たった1ヶ月目にして月収5桁の人もいます。(すごい…。)

ですから、正しいやり方でブログを始めれば稼げます。

 

インターネットの広告が増えてきているため

昔はスマホを持っている人が少なかったのですが、最近ではみんなスマホを持っていますよね。
小学生でさえ持っている時代です。

ですから、いろんな人に知ってもらうために企業側が高い費用をかけて広告を貼ってもらおうとしているんです。

そして、まだネット社会は普及したばかりですから、どんどんこれからも広告が増え続けていきます。

良い記事をたくさん参考にできる

今現在、ブログ界にはたくさんの記事があり、その中でも検索で上位を取っているブロガーさんたちはしっかりとSEO対策をしっかりとしています。

そのような価値の高い記事がすぐに見れるんですから、何年もかけて作り上げた記事をたった数分で自分のものとして蓄えることができるんです。

例えば、「ブログ 始め方」というキーワードで上位を取りたいのであれば、今上位にある記事の知識を全部自分のものにすればいいのです。(ちなみに私たちはいつも10〜20記事くらい読むようにしています。)

 

自分のブログをオワコンにさせないためには

自分のブログをオワコンにさせないためには

どんなにいい記事を書いても読まれなければ意味がありません。

半年・1年間ブログを更新しているけれど、全然読んでもらえないし収益も入らないという人はよく耳にします。

 

ではどうすればいいのか、結論として以下の3つです。

  • SNSを最大限に使う
  • 毎日投稿を継続する
  • 実体験を交えた記事を書く

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

SNSを最大限に使う

多分これが一番の方法です。

先ほども話しましたが、今はみんながスマホを持っている時代です。

ですから、自分の存在を素早く皆さんに知ってもらうにはSNSが一番です。

 

SNSでは「Facebook」や「Instagram」や「Twitter」などがありますが、その中でもおすすめなのがTwitterです。

(Facebookは最近では人が少なくなり、Instagramでは最初の頃はあまりたくさんの人に知ってもらえません。)

Twitterはすぐにいろんな人に存在を知ってもらえたり、自分をアピールできたり、同じ考えを持った人たちが集まって拡散しやすくなります。

そういう点で、Twitterはいちばん最適なツールだと言えます。

PVを伸ばすTwitterの使い方を下の記事にまとめましたので、ぜひ見てください。

ブログ初心者がTwitterを活用してPV数を爆上げする方法初心者ブロガーがPV数を上げるためにTwitterで何をすればいいか徹底解析!Twitterを使う際のコツを6つに絞り詳しく画像を使って解説しています。このテクニックを使えばPV数上がること間違いなし!...

 

毎日投稿する

なぜ毎日投稿なのか、そう疑問を持った人がいると思います。

でもそれは、「ブログ記事数が100に至っていない初心者ブロガー」に限ります。

有名なブロガーさんはよく、「100記事を書いてからがブログのスタートラインだ」と口にしていますよね。

おそらくそれはGoogleアルゴリズム上、100記事を書いてやっと今までの成果の結果が出始めるからなんだと思います。

ですから最低1日1記事、できれば2,3記事書くようにしましょう。

 

実体験を交えた記事を書く

人々は、知りたい情報と同じくらいにあなた自身の感情・どういう気持ちだったかに興味を持ちます。

例えば「受験勉強」について調べるとします。
そしたら、「受験勉強の勉強法」や「受験勉強でおすすめな参考書」など記事がたくさんあります。

このような記事も需要がありますが、「実際に参考書を使った感想」や「受験勉強をこういう気持ちで頑張りました」といった感情についても知りたい人はたくさんいるはずです。

 

ですから、実体験を交えた記事を書いてみましょう。

 

まとめ:ブログはオワコンか

今回はブログはオワコンかについて紹介してきました。

私たちはブログを始めて全然日数が経っていない初心者ブロガーですが、毎日大学の授業とブログの両立を頑張っています。

私たちも最初は全然稼げないということを理解をしていますが、早く100記事を突破したいです!

 

みんなでブログを頑張ってオワコンにさせないように頑張りましょう!

 

こちらもオススメ